札幌・岩見沢・江別市・野幌・大麻で歯周病治療専門外来を受診されるなら、アップル歯科「歯周病治療専門外来」までご相談ください。

〒069-0813江別市野幌町50-20
  • JR野幌駅北口真正面
  • 駐車場24台完備
平日10:00~12:30 / 14:00~20:00
土・日10:00~12:30 / 14:00~17:00

お車でお越しの方

ご相談・ご予約ホットライン 0120-648-837

歯周病の前兆かも…?! お口にこんな症状はありませんか?

体にこんな症状はありませんか? 歯周病の前兆かも…?!

  • 糖尿病の疑いがあるといわれた。
  • 高血圧の症状がある。
  • 肺炎になりやすい。
  • 腎炎がある。
  • 肥満傾向がある。
  • 心筋梗塞になったことがある。
  • 骨祖しょう症である。
  • 軽い脳梗塞になり薬を飲んでいる。

歯周病は悪玉細菌によって引き起こされる、 ある種の感染症です。

プラーク(歯垢)は食べかすではなく、細菌のかたまりです。 バイオフィルムと呼ばれるバリヤのようなもので守られ、ハミガキだけでは除去しきれません。

  • 歯周病は家族に感染する リスクがあります

    歯周病は歯周病菌による感染症のため、
    家族など他の人に感染します。

  • 歯を失う原因の1位は 歯周病です

    80歳での残存歯数は、日本は約8本、
    米国は約15本、北欧は約20本。

  • 歯周病は全身疾患の はじめの一歩です

    歯周病菌は体内に入り、脳梗塞、
    心臓病、糖尿病などの原因になります。

  • 歯を失うと、 病気のドミノが待っている !?

    歯を失うことで、様々な病気になる
    リスクが高くなってしまいます。

  • 歯周病の原因は 悪玉細菌である歯周病菌です

    歯周病の原因は歯周病菌
    “バイオフィルム感染症”です。

  • 歯周病は放置すると 手遅れになることがあります

    一度歯槽骨が溶かされてしまうと、
    それが自然回復することはありません。

歯周内科治療の考え

歯周病は細菌類の感染症であるという認識の上に立ち、医学的にその治療法を考え、歯周病菌および真菌の除菌と歯周病病原性のない正常菌叢の獲得を目的としております。

機械的・外科的な治療法に先立ち、位相差顕微鏡での菌及び菌叢の検査とリアルタイムPCR検査による歯周病菌のDNA検査の後に行う、抗菌剤および抗真菌剤を用いた療法を内科的治療法といいます。

「歯周内科治療」について 詳しく見る

根本的な治療をお考えなら、自由診療をおすすめします

歯周病は悪玉細菌である歯周病菌による感染症です。

従来の検査、歯石除去、ハミガキ指導など保険治療ではだめということではありません。ただ、歯周病には、「機械的な作業だけではなく、自由診療により治療の幅を広げ、薬などを使用し、歯周病の原因となる歯周病菌を除菌治療をする」ということが有効であると考えられます。

このように、「自由診療」であれば、保険による治療とは異なるアプローチも取り入れた、より質の高い治療を行うことが可能となります。歯周病菌の除菌ということを主軸においた、根本的とも言える治療で、保険治療に比べ 短期間で治療できることが多いのも特徴です。

自由診療では、より質の高い治療を選択できます!

充実した口腔内検査で、 しっかり診断を行います

  • 初診カウンセリング

    まずはトリートメントコーディネーターが、あなたのお話を良くお聞きいたします。

  • 位相差顕微

    位相差顕微鏡を使用して、細菌、カビ菌、“歯周病菌”の存在の状態を肉眼確認します。

  • 口腔内写真

    口腔内写真撮影により、口腔内の状態をご自身の目で確認することができます。

  • レントゲン

    レントゲン画像により、歯を支える骨がどの程度溶けてしまっているかなどを確認できます。

  • 歯科精密検査

    歯周病進行度、歯の動揺度、出血箇所、プラーク付着量、排膿の有無を確認します。

  • ぺリオカウンセリング

    検査の内容などをもとに、ベテランの歯科衛生士が、丁寧にご説明させていただきます。

  • 再評価

    症状がリセットされているか再度精密に検査を行い、今後の再感染防止についてご説明いたします。

メンテナンス

歯周病は感染病です。治療が終わった後、そこでゴールではありません。そこからが再スタートなのです。

一生物の歯を失わない為にも適切なメインテナンスを定期的に受けることが重要です。 「治療=完治」から「治療⇒予防・メインテナンス」に価値観を転向させることで、食べる喜びや噛みしめる喜びを長く保つことが出来ます。

MESSAGE

私は1993年から江別市野幌で歯科医院を開業して、今まで地域の皆様の歯を診てきました。

開院してから10年は、むし歯治療がほとんどで来る日も来る日も治療に明け暮れておりました。そんなある日、歯周内科と出会い、ただむし歯を治療するだけではなく、お口の細菌治療をすることで歯を失うリスクを下げ、自分自身の体を守る事が出来ることに気付いたのです。

また、歯周病は感染症ですので、自分自身だけではなく、家族の健康も守る事が出来るのです。

歯周病治療はドクターだけでなく、歯科衛生士、患者さんの協力体制があってこそ完治への近道と考えております。

院長 望月 俊男

衛生士が活躍する医院 STAFF募集
Copyright (C) Apple dental clinic. All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ